アクセスカウンタ

Tatehikoの独り言

プロフィール

ブログ名
Tatehikoの独り言
ブログ紹介
症状が落ち着いてきたクローン病患者の日記です。
発病は、もう半世紀も昔になってしまいました。
通院と薬の服用は欠かさず続けていますが・・・若いころのような症状はほとんど見られなくなり小康状態です。
ブログを書き始めて、何が私のスタンスなのかと思いつつ、平常心の日記です。時には世間の動きに疑問を呈することもそのままに思いを綴ります。
zoom RSS

悲鳴を聞いて

2017/10/16 22:36
目まいがする。フラフラする。と寝込むことが多かったツレが、ここ数日は回復傾向です。
台所に立つようになって来ました。
画像
外から帰って来てパソコンに向かっていますと「ヒヤー」と奇声を発します。

怖い・・・大きな蜘蛛が出た!
捕まえて外へ追い出してくれといいます。

「ちょっと待てマテ、逃がすなよ」と制しまして撮った画像です。

人家に生息する「アシダカグモ」です。広げた足の広さは子供の手ほどの大きさです
歩き回る蜘蛛で、ゴキブリやハエなどを捕食する、ある意味、人間様にとっては益虫じゃないですか!
追い出してくれとは御無体な要求です(大笑い)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0


閻魔大王

2017/10/14 10:59
猛暑日があったり、寒くなったりでも季節は確実に進行していて、庭の蔦など紅葉を始めている画像
先日、仏教を学ぶ学校を卒業されたレントゲン技師の案内で御室仁和寺・成就山88ヶ所巡排を終えた。

そんなことがあってか・・・京都新聞のコラム記事「凡語」に記された閻魔さんの所作に見入ってしまった。
京都市下京区の龍谷ミュージアムで特別展「地獄絵ワンダーランド」が開かれている。中世から江戸時代を中心とするさまざまな地獄をあらわした絵が一堂に紹介されている。恐ろしいはずの地獄の絵なのに、虚画的に描かれた閻魔大王の表情など、どこかコミカルであるのが不思議だ

画像落語家の桂米朝さんは、廃れかけていた古典落語の演目「地獄八景亡者戯(ジゴクハッケイボウジャノタワムレ)」を復活させ、オハコとしていた。三途の川を渡って、閻魔の裁きを受け、針の山や釜ゆでの地獄を巡る亡者たちの姿を面白おかしく生き生きと表現した

閻魔が、先代の一千年忌だとして特別にほとんどの亡者を極楽へ送り込むくだりがある。大盤振る舞いに、米朝さんは「選挙が近い(閻魔の)人気取り」と説明し、現代政治を皮肉った。

ただ、ここは有権者が閻魔となって選挙で政治家を裁き、当落を決めるという方が民主主義の世にぴったりくる

画像古来、閻魔王朝には生前の善悪の行いを映す「浄玻璃の鏡」があるとされる。それによって隠し事や嘘は見抜かれ、さばきが決まるとされるという

衆院選が始まった。これまで、どの政治家何を語り、何を行ったのか。とりわけ安倍晋三首相がこの5年間、どんな政治を行ってきたのか。浄玻璃の鏡張りの視線で思い起こし、しっかり見定めたい。
同感です。人はなぜ、テレビ新聞の情報を見境なく読んで迷わされてしまうのだろうかと思う。
記事へナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0


カメラについて

2017/10/11 08:37
画像コンデジと称するのでしょうか・・・デジタル化したカメラは、小さくていろいろなことができるようになった。
一眼レフカメラこそ、カメラだなんて思っていた自称写真が趣味人間。

愛用していた一眼レフが壊れて、もう生産していない機種なので修理も不可能になった。
値が張る一眼レフに代えて、手を出したのが一眼レフの形をしたコンパクトカメラ。これを何と呼べばいいのでしょう(大笑い)

画像レンズ交換の必要が無くて、接写から超望遠までできて、安値というのは、後期高齢者にとって負担にならず便利と手間要らずに惚れ込んでしまった。

度々使い込むことで、一眼レフでは被写体の背景をぼかすことは容易なのですがコンデジでも望遠機能を使った接写でそこそこボケ味を楽しむことができることで嬉しくなってしまった。

下の写真は、我が家の植木鉢のタイワンホトトギスです。
記事へナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0


どんぐりの背比べ

2017/10/10 07:57
画像これが季節外れと言うのか と言うものを実感する猛暑日が続いている。
暑くて、歩いていると半袖Tシャツ上着だけなのに、額からは汗が垂れ、シャツが背中に汗でくっ付く

“帰ったら、すぐにでもシャワーをしてすべて着替えだ!”と思いながら・・・近所の有栖川堤防を歩いた。
画像ススキが西に傾きかけた日の光に映えて綺麗だったり、黄蝶の翅の点々が見えたり、やっぱり秋の進行が深まっているのにである。

人間様の世界は、いよいよ今日が総選挙の公示日。
選挙にあたって、公示日と告示日の二つの呼称がある、その区分けの意味がもうひとつ分かっていない私です。

画像同じような理解水準の人は、少なくないのだろうと思いながら・・・こんなことで多数決だと言って憲法に違反することを平気で強行し、同調する勢力が多いという政党構図にも利己主義が国政に現れているのだなぁ〜と思う。

与野党で区分けすれば、自公とその他の政党ということになるが、​希望と維新は憲法改正、安全保障政策で自画像民党との違いは小さい。​国の基本に関わる問題を軸にすると「総保守」対「リベラル」の2​極の争いだ。「安倍協力勢力」対「反安倍」という構図ともいえる​。有権者が投票先を判断する際の一つの軸になり得ると私は思う。

話が写真から離れてしまったが・・・どんぐりを拾ったのでそれも写真にした。
記事へナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


秋の蝶

2017/10/09 08:13
画像昨日は、真夏日が帰って来た運動会日和だった。
そして今日もまた、蒸し暑さが残っているのですが・・・

最近は、おツレさんのの布団を敷いてやるのが日課になっている。
先に眠る私は、夏の掛布団、おツレさんのものはほぼ外出することが無くで先日来寒い寒いというものだから分画像厚い布団を敷いてやった。

先に起きて新聞に目を通していると、手すりに寄り添って起きて来たツレが言うのに「なんて暑いんやろ!」
湿度が高いのです。

画像良かれと思って布団を敷いてやっているけど、この辺が夫婦と言えども難しいものである
まぁ〜そんな日常茶飯事がこれからどんどん増えてくる後期高齢者所帯だ。

嵐山へ自転車を繰り出すと、河川敷公園は町内会の運動会で右からも左からも歓声で暑さを盛り上げる
雲も多いのですがこれも秋の雲なのでしょう。

画像コスモスを通して秋空を撮っていると秋のアオスジアゲハ蝶に出会った。
秋のアゲハ蝶は翅が破れていることが多い

それでも優雅さを保って肉眼には見せてくれる。
記事へナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0


瑞饋まつり

2017/10/03 18:34
秋祭りの季節です。画像
今月22日、衆議院選挙の投票日、京都では時代祭の日でもあります。

京都に居てもう一つの大きなまつり『ずいきまつり』を私はまだ見たことが無いのです。

ネット検索すると10月4日は還幸祭だとか。神輿が見られなくなってしまうと察して、御旅所へ自転車を繰り出した。在職中は地元の中小企業に勤めていたツレなど、この祭りに職場ごと参加していたのにその開催日を忘れていたのです。

この祭りを見ようと思っていたのに腹が立つのが・・・安倍首相の大義も何にもない、「森友」「加計」疑惑隠しの身勝手解散です。度重なる憲法違反の政治です。
画像
もう一つ、その安倍疑惑を隠して助けるために、民進党前原が解党して「希望の党」へ身売りすることで、市民と野党の安倍政権への怒りの結果の火消し役を買って出たことです。「希望の党」なんて言ってたことを反故にして築地から豊洲へ市場を移転する裏切り者集団。小池知事は情報公開を拒否する独裁者。

画像共産党がぶれずにその本質を素早く指摘したことには感服する。
自公政権とその補完勢力の希望の党・日本維新の会など対市民と野党の共闘と言う選挙対決構図になったのだと感じる。

画像安倍政権の「森友・加計」疑惑隠しに現れた「希望の党」による大攪乱を感じながら、瑞饋祭の神輿を撮りに下立ち売り通りの御旅所へ神輿を撮りに行ってきた。
やっぱり私は写真の虫である。
神輿は瑞饋芋など秋に撮れた農産物で飾り付けてある。
記事へナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0


赤・白・黄色の彼岸花

2017/10/01 07:35
彼岸花も見ごろがほぼ終わりですが・・・やっと撮れたシベがシャープに見える彼岸花です。
画像

リコリスオーレアと称する 黄色などのものも最近よく見かけるようになったが、園芸種と言う創作品種なのか?
画像

技術が進むとややこしいことだ感じてしまう。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0


「ひよこ」・朝ドラ最終日

2017/09/30 11:36
今日、9月30日をもって、いまの高齢者の青春時代を描いた朝ドラが終わった。
戦時中に生まれた私ですが、物心ついて記憶している世相をドラマ化してくれたので、懐かしさに感動した。
画像

そして動乱の近々のニュース渦の中で「希望の党」を私はこう見る。 (宮城義弘さんが9月29日にツイッターに書き込みました)

軍産学連携、戦争推進の米財界が小池を全面バックアップ。
安保法制=戦争法を容認、戦争放棄の9条を含めた憲法改定を公言​――日本の政治が非常にわかりやすくなった。

頭脳戦に弱い自公安倍政権をつぶす、米CIAエージェント前原を​使いっ走りに使う。前原は今回で政治生命は終わる。

小池は有頂天だが、目覚めた国民の力が見えていない。国民は小池​の知的・政治的能力・限界を見抜いている。

国民は、「日米同盟という自民党的、希望の党」的古い価値観・日米​同盟を近々乗り越える。その時、小池は歴史のごみ箱に捨てられる​。

傀儡は日本国民の闘いに絶対に勝てない。これは世界の動かしがた​い経験である。

(希望の党は)安保法制=戦争法を容認、戦争放棄の9条を含めた憲法改定を公言​――日本の政治が非常にわかりやすくなった。

私も同感します。






記事へナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0


山シャクヤクの実

2017/09/27 19:52
珍しいものを見つけました。画像
山シャクヤクの実だそうです。

種の鞘の中にこれほど赤い種の床がある。

赤トンボも尻尾が赤くなったし・・・ハグロトンボも川面を背景に撮れたし・・・
画像

画像
記事へナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0


京都タワーの夕焼け

2017/09/25 07:04
画像9月24日夕方、京都駅前広場に立った。
JRを降りて来た人、これからのる人が立ち止まってスマホをで夕焼けを撮っているのです。

私も、カメラをカバンから取り出してシャッターを切ったものです。
夕焼けが京都駅前に集い行き交う人々を赤く染めています。

画像おりしも、タワービルの前では「森友・加計疑惑隠し解散」を批判する演説が聞こえていました。
立ち止まって聞いた人々は、この夕焼けに染まって帰宅の途に就いたことでしょう。

市民と野党の共同で憲法を反故にしない、戦争をしない、市民国民の声を聞く政権にしたい。その絶好のチャンスだと前向きに受け止めたい。
過去の体験から、何かと消極的な気持ちが、どこかにあったけど・・・ここまで疑惑隠しとアメリカいいなり政治、憲法を無視し、破壊して、政権を私物化するやつは許せん。

野党と市民が共同して統一候補を立てるなら、自民党候補を落選させるために一票を投じたいと強く思った。
記事へナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0


自国第一主義からは平和と繁栄は生れぬ

2017/09/23 10:15
臨時国会冒頭解散が安倍首相のたくらみであることが連日報道されている。
大義なき国会解散総選挙の背景になるものが国連総会でも暴露されている。画像



ドイツ副首相がトランプ演説批判 ・・・【ニューヨーク国連総会から】





ドイツのガブリエル外相兼副首相は9月21日、国連総会一般討論で演説し、先に総会でトランプ米大統領が唱えた「米国第一主義」「自国第一主義」を、「我々はより多くの国際協調が必要であり、一国のエゴはより少なくしなければならない。それは逆であってはならない」等と痛烈に批判しました。
トランプ大統領は19日の一般討論演説で、「米国の利益を他の何よりも優先する」「あなた方も自国が一番という考えをとるべきだ」などと持論を展開しました。
ガブリエル副首相は、「最終的に、自らの利益を追求することだけしたら、どの国家も利益を享受することなどできない。皆がそのようなことをしたら、反映より対立や紛争が増加することになる」「『我々の国家が一番』というモットーは、繁栄を減らして対立を増やすだけでなく、最後には誰もが敗北者になるだけだ」と指摘しました。
副首相はその上で、「ひどい二つの世界大戦を経て℃いt人としての我々が学んだのは、以前の敵を、平和的共存に向け共に責任をもつ隣国、パートナーとしてとらえることだった」と話しました。
さらに、「『ドイツ第一主義』ではなく、『ヨーロッパといての責任や国際的な責任が第一』ということのみがドイツに平和と繁栄をもたらしたものだ」と話し、自国優先主義と国際協調が平和と繁栄をもたらすことができると主張しました。
画像安倍首相の「森友学園」「加計学園」疑惑に何一つ応えず、野党の要求したそのための臨時国会での冒頭解散は、疑惑が真実で、安倍首相と内閣が公明党、維新の会を抱き込んで国家的犯罪を犯したことを証明したものだ。
争点をすり替えて、北朝鮮問題に目を向けさせて・・・安倍昭恵首相夫人や加計理事長の国会証人喚問を拒否して、真実を隠すための総選挙だということを証明したものだ。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0


今を楽しく お達者に!

2017/09/21 13:22
題名は、健康友の会常磐野支部主催で画像毎週水曜日午前中に開いている「すこやか喫茶ロンド」にて

コーヒー一杯100円とともに添えられたおはぎのパックに添えられたメッセージです。

去年は、何だったのか忘れてしまったのですが、このメッセージに進歩したコメントだ、これだこれだ!の反応です。

この歳になってがんばれとか、末長くとか言われても嬉しくない
「今を楽しく」こそ真実だとの評判でした。

私は、引きこもりがちなツレにもって帰ってやった次第です。
お店を出た先の道路わきには彼岸花の白いものが咲いていました。
画像

もう一つはシュウメイギクです。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0


彼岸花とショウリョウバッタモドキ

2017/09/20 07:52
曼珠沙華と呼ばれる彼岸花を、黄金色の稲穂を背景にすっきりと単独で撮りたくて嵯峨野の歴史的風土保存地域の農道を歩いた。画像
田んぼの畔に咲くものを水平に眺めていても、一向にそんな位置に花はなく段差のある水田の畔に咲くものにやっと出会えたら、まだその花のつぼみに機織りバッタの枯れ草色のものが停まっているものにも出会えた。

緑の草色のものが主流なのに、この色違いに何じゃろとカメラを向けた次第です。

画像私が勝手に呼称している「機織りバッタ」などと言うものは、昆虫の命名者いないようだ。
ショウリョウバッタとかいうらしい。
そして、この枯れ草色のものはショウリョウバッタモドキの♂(オス)だとか!

京都のJR亀岡駅の向かいにサッカー場を建設するとかで、広大な水田が潰されていたけど、この地域にはアユモドキと言う珍しいドジョウの生息地でもある。

モドキとは、勝手な人間様の呼称であって主流でないと軽蔑したような意味合いを感じてしまう。
平等な目で見てほしいものだ。
記事へナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0


乳がんの「医療懇談会」

2017/09/18 18:23
台風18号・一過の朝です。
画像先日土曜日の医療懇談会(乳がんの話)のことがよみがえりました。
当日は、台風接近で外出を控えましょうとの気象情報が繰り返される中での小雨が降り続いていました。
参加者数は総勢で20名ほど。会場を貸してくれた世話人は「雨だから出足が悪かったなぁ〜」と気遣ってくれます。
主催者の健康友の会の面々からは「医療・治療の哲学的話もあってよかった」との感想が寄せられた。

私は、主催者を代表して閉会の挨拶を求められたのですが、いつもの通り緊張して何を言って良いのか分かりません。
画像「ツレが乳がん患者会の一員で、地域の会員と連れだって参加してくれたら良かったんだが高齢化で足が出なかった」ようなことを言って、次回は新たに「開催課題テーマを考える参考にしたい」などと言ったように思う。

講演の中で講師の医師が「男性も参加していてどこまで突っ込んで話したらいいのか迷うが・・・」と言っていたことを思い出すのです。

乳がん患者は、過去には乳房を全摘してしまう手術が多くて「女性でなくなった」と見映えを気にしてしまう患者が多いのです。ツレなども乳房が切除された胸を見せて“こんな風にになった”とはにかんで「どぅお?」と聞き返して来たことがありました。
画像わたしは、気にしていないと言うことを「別に」なんで答えたもんです。

乳がん患者会は、こんなふうな患者の不安や悩みをも話し合う場所として大切なんだろうと思う。
医療懇談会風景の写真は友人の小谷さんの撮影です。
最下段のものは、北嵯峨高校辺りから送り火の鳥居跡が見える曼荼羅山を背景にした彼岸花風景です。
記事へナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0


有栖川の堤

2017/09/17 12:34
「ひよこ」の羽が全て生え変わった
息子からの短いメールに記されて届いた言葉です。10日ほどで産毛が生え変わるということのようだ。
画像

台風18号が今夜にも近畿地方を若狭湾あたりから日本海に抜ける天気予想図を見て・・・改めて今夜が峠かと思った。
画像

添付写真は、一昨日の夕方近くに有栖川堤を歩いたときに見た花風景とベニシジミがエンコログサに止まる姿にカメラを向けてきた。
画像

あまりにも煩雑なので背景を加工して遊んだものです。

記事へナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0


やっと夏の疲れが

2017/09/16 10:05
やっと夏の疲れが取れはじめたのかなと感じます。画像
この夏の疲れというヤツを意識した、初めのうちは頑張って動こうとする日常が続くのですが・・・

私の場合、食欲が落ちて下痢を始めても、まだその初のころはそれを認めたくなくて平常を保とうとします。
それも三日続くと、やっと観念して安静を保って養生を始めます。

画像

おツレさんも、灯りを点けてもまだ起きずに布団から出てきません。
私より先に体調を崩して、食事も作らなかったのに・・・少し立ち上がれるようになっても寝癖がついてしまったようだ。

画像彼岸花も咲き始めて・・・カメラをもって散歩に出ようかと思い始めると未明から雨音がしています。 台風18号の前触れらしい・・・
ひよこ写真を見ながら・・・息子一人で建てた鶏舎が壊れないのかなと思って見たりする。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0


昨日の夕焼け

2017/09/14 09:24
息子の養鶏の起業初日を見に行って、帰途に就いた画像JR無人駅までの歩行の途中で足腰の痛みを訴えたツレが、寝込んでしまって大変でした。

居間に寝込んで、炊事場と机&風呂場に行き来する足場がないのです。
食事の世話も苦労しました。

画像すると私も具合が悪くなって二日ほど寝込んでしまいました。
私が寝込むと、不思議なものでツレの体調がちょっと回復しまして、レンジでチンする食事でしたが一品は煮物も準備してくれた次第です。

後期高齢者がゴロゴロして、回復の兆しが見えたのが昨日の昼過ぎです。
気晴らしにカメラをもって彼岸花の咲き始めた様子を見に出かけたのです・・・いつまで続くのかと思っていた夏も彼岸花の開花を見るとやっぱり、秋がそこまでやって来ていると確信した次第です。

我が家近くのJR嵯峨・嵐山線踏切まで帰り着くと夕焼けです。
広沢の池付近では、ちょうど太陽が雲に覆われていましたが送り火の鳥居が灯る曼荼羅山の辺りに、太陽が沈む位置に来たなと、シャッターチャンスを確認していたのですが・・・帰宅して夕焼けに遭遇するとは当て外れです。画像

踏切の中央に立った夕焼けと、屋根裏部屋に上って真っ赤になるまで眺めていた夕焼けです。
腹具合がこれで落ち着く感じです。(大笑い)
記事へナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0


ゴーヤとニンニク

2017/09/12 12:27
息子と一人暮らしの実兄(93才)の地へひよこ画像を運んで行ったのですが・・・兄貴は農作業に出かけていました。
もうひとり、同じように教員をしていて、広い福知山市の少し中心地に近い地域に暮らす兄貴にも訪ねて来たのですが・・・彼も、もう90才です。

インタホーンを鳴らすと、耳が遠いのに下半身・下着だけで素脚も露わに出てきました。
画像昼寝の後、シャワーを浴びる準備のところだったそうです。

「事前に聞いておれば、野菜など準備しておいてやったのに」と言いつつ歓迎してくれました。
もぎたては真っ白なゴーヤと熟したイチジクそして、食べての口が臭くないよと言う大きなニンニクを6個もらって別れました。ゴーヤが一日経ると黄味を帯びてきた。

実家の兄は一人暮らしですから、夕食を作って一緒に食べて夜の7時過ぎにJRに乗って帰宅したのですが・・・
画像その会食中の話です。

畑の傍に建てた納屋(鍬や鎌を入れてある、農作業の休憩所)を、開けたらマムシがいた。これで二匹目を目撃した。農機具材の隙に入って逃げられてしまったと言う。
噛まれた際の血清も最近は村に無いのだとか。

こんなことを記して一日経つと白いゴーヤが黄色くなって来た、ニンニクは外のうす皮の内側に緑の肌が覗く
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0


ひよこ

2017/09/06 14:31
ひよこなど生き物の搬送を嫌がる運送業者が画像多くて、注文主の鶏舎まで運べないとのことで・・・契約運送業者の営業所へ「ひよこ」の受け取りに行った。

平たい段ボールケースに穴があって、ひよこの顔を見ることができます。
自動車道に乗って快調に運ぶのですが・・・揺れるたびに静かにピヨピピヨと鳴くのですが、トンネルに入ると甲高い鳴き声になって一斉に鳴きます、これにはびっくりしました。

画像昨日産まれたばかりのひよこでしょうから、まだ自然界の明暗や振動など初体験でしょうから、この反応に不安だったり感動したり・・・昼食や、運転休憩&福知山に住むもう一人の兄貴の顔も見たくて立ち寄ったり・・・合計4時間余のドライブを経て息子が作った新築の鶏舎に着いた次第です。

鶏舎の場所は、ブルドーザーで整地したところから変わって、転居された家の屋敷跡でした。
画像そこはこの地域にしては一番高い山の中腹の屋敷跡でして、ひよこの居住環境気温が30℃ほど必要というには、寒さ対策に一抹の不安を覚えました。

古い毛布を持たせたことが役に立っておればいいのですが・・・
夕方からは、結構な雨降りにも見舞われました。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 2


アサガオは秋の季語について

2017/09/05 07:29
俳句の採点・評価を受けるプレバトとかいうテレビ番組をよく見せられる。
それによって「アサガオ」は秋の季語だと教えられた。

画像真夏の6月から7月のアサガおは、朝咲いて、寝起きの悪い者が目を覚ましたころにはもう萎れかかっています。
ところが・・・8月中旬過ぎから9月に入るころには、朝起きたら必ずしっかり開花したものが見られて曇っていたら昼過ぎまで、萎れない。

俳句などをたしなむ宮廷の上流階級人が百姓などより朝起きることが遅くても・・・
本来・野に咲き、鉢植えなどをして愛でることの無かった昔人には、秋の季語に認知する条件下にあったのだろうと思う。

我々がアサガオの季語に違和感を覚えるのは・・・・鉢植えが生まれたのも江戸時代以降だと思うし、資本主義化が進んで都会人が多くなった今日、土地が無く鉢植えでしか育てられない現代人の多くが、水やりの管理がおぼつかなくなり、最盛期の秋まで生かし切れなくなっていることの反映でなかろうか。
記事へナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

Tatehikoの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる